インタビュー|名古屋市 天白区 歯科 歯周病治療 インプラント 予防歯科 レーザー治療

スピック歯科クリニック

MENU

インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまのやる気をサポートし、二人三脚で治療していく方針です

もし「~しないと歯がダメになりますよ」と言われたら、患者さまはあまり明るい気持ちで治療を続けられないのではないでしょうか。私は「~すればまだ歯が残せるかもしれませんから、やってみましょう」とお声をかけるようにしています。希望のゴールを目指して、二人三脚で頑張っていきましょう。

歯を抜きたくないなど、患者さまのニーズにできる限り応えます

理事長である私のモットーは患者さまのニーズに応えることです。中でも、歯を抜きたくないというご要望を伺うことがよくあります。例えば、指で押してもぐらつくような歯は抜くしかありませんが、歯ぎしりなどで割れてしまった歯は早期に治療することで残せる可能性があります。そのままにしておくと割れ目から細菌が入ってしまいますが、一旦抜いて修復してから戻すことで、その後も使える可能性が高まります。

当院ではこのように、できる限り患者さまのニーズにお応えできるように、技術と手間を惜しまず治療をしています。まずは、患者さまのニーズをお聞かせください。

問診票はカウンセリングルームでお話を伺いながらスタッフが記入

受付で立ったまま問診票を記入するのは落ち着かないものではないでしょうか?当院では、カウンセリングルームでスタッフが患者さまのお話を伺いながら、スタッフが問診票を記入するようにしています。患者さまご本人に書いていただくのはお名前だけです。スタッフは柔らかな物腰で親身に接しますので、お困りのことについてじっくりお話しください。そこからスムーズにレントゲン検査などに移行できるよう、院内で連携しています。

当院の名前は接客を学んだ美容院からいただきました

当院の名前は少し変わっているかもしれません。実は、同名の美容院チェーンが名前の由来です。歯科医院と美容院には似ているところがあると考えて、開業して数年経った頃、その美容院の方々と一緒に当院のスタッフにも接客についての研修に参加してきてもらいました。

その研修を受けてからというものスタッフはより患者さま思いになり、空いた時間も自分ですべきことを考えて動いてくれるようになりました。新しいスタッフが増えた今でも、当時の教えは連綿と受け継がれています。

患者さま思いで仕事熱心なスタッフが、当院の自慢です

当院のスタッフはどうしたら患者さまに快適に過ごしてもらえるかを考えていて、とても患者さま思いです。単にお金のために働いているというメンバーがおらず、情熱を持って業務に取り組んでくれていることを自慢に思っています。

クリーニングへのニーズに応え、体制を強化していこうと思います

昔よりも虫歯治療のニーズは減ってきていますが、代わってクリーニングのニーズは増えてきていると思います。患者さまのニーズに応えるのが私のモットーなので、もっと多くの方が同時にクリーニングを受けられる体制を整えていきたいですね。

また、まだ先のことですが、ずっと地域に貢献するためには私が引退した後も当院を継続していかなくてはなりません。後継者のことも、考えていきたいと思います。